探偵

不倫・浮気証拠調査・費用比較 探偵おすすめ

 

 

 

 

 

 

不倫の証拠をおさえるための素行調査は、調査対象が身近な人間なわけですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する危険性もあります。

 

探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く不倫の証拠を得られるはずです。
トラブル回避のためにも利用をお勧めします。
初めて探偵社に相談するときは、抵抗感があるという人は少なくありません。個人情報を伝えるのが嫌でしたら、匿名での問い合わせや相談に応じているところも多いですから、そういったシステムを利用し、手応えが良い感じであれば、あらためて個人情報を伝えるようにするといいでしょう。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。
とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を意識して、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。

 

ある程度の選別ができたら相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、相談しましょう。

 

 

とにかく話を聞いてみなければ、誠実そうな会社かどうかも判断しようもないです。
電話から最初の一歩を踏み出しましょう。性別にかかわらず不倫している人は、ウツが多いですね。その背景にあるのは、精神的な緊張や負荷でしょう。
ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを感じることが多く、精神面や体の不調として出てきます。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが非常に大事です。
パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは、はっきりさせておかなければなりません。

 

依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。両方とも探偵業務と報告を行うことは変わりないです。つまり浮気調査でしたら、どちらに頼んでも問題はないでしょう。

 

ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、契約前に把握しておきたいものです。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。挙動不審なところがあるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、ニーズに応じた調査を行います。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、はっきりとした裏付けをとるためにも専門のノウハウがある探偵を頼むのが良いでしょう。
探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。でも、そう難しく感じる必要は実際のところ、ないと思います。

 

 

 

離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。

 

自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵調査を頼むことを視野に入れても良いのではないでしょうか。
浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、実に気になるところだと思います。

 

 

このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。

 

それなら、営業所のかわりに、喫茶店やファミレス等で相談すると良いのではないでしょうか。

 

 

契約の強要といった事態を避けることができます。探偵を雇って行う素行(不倫)調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。

 

 

それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。なんだかとても「得」に見えますよね。
ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、引受できないということもあるようです。

 

それに、浮気の裏付けがとれたときに高額な請求が来ることがあります。
「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。
浮気調査なんていちいちしなくてもと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

 

 

けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも安心してはいられません。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。
挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、浮気調査を探偵にしてもらえば、いたずらに心配せずに済み、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

 

地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。何社か問合せをしていくうちに、応対が優れていて値段も高くない会社に調査してもらいました。

 

しばらくして報告書を受け取ったのですが、証拠を見てしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。不倫調査で興信所を利用するなら、平均的な料金は知識として身に着けておきましょう。

 

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるので、身を守るためでもあります。それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、あとになって必要経費といって、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、あらかじめ料金については、しっかり確認させてもらうようにしましょう。

 

浮気調査などで探偵社に依頼する前にその調査にどれくらいかかるかの平均的な費用を理解していないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。
1時間1万円からと想定している必要がありますから、安いものではありません。

 

 

時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。

 

 

 

どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。地域のことをよく知っていれば、調査に有利ですし、高精度な報告ができるでしょう。

 

 

 

調査してもらう内容次第でも不得意なこともありますし、逆もまたあります。

 

先にウェブで情報収集しておき、業者に電話確認してみることも大切です。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

 

でなければ不倫行為から20年以内でも構わないそうです。

 

仮に時効直前でも提訴すれば、期限がリセットされるのです。

 

 

つまり、時効が近い場合は、訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。パートナーが浮気をしている気配があって探偵に調べてもらう際は、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。
しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。やはり安かろう悪かろうという例もあるわけですし、これから依頼するのであれば、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、しっかり確認しておきましょう。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査を依頼することはできないので、誠実な会社に頼むべきです。

 

 

 

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルを招くおそれがあります。
そんな状態を避けるために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大事です。たとえ大手だからといって一番良いとは断言できないものの、比較的規模の大きな探偵社を選ぶとリスクを避けることができるのでオススメです。

 

 

 

中小にも良い会社はあるはずですが、中には調査も満足に行わないうちに代金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。

 

 

 

もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども依頼する上では参考になるでしょう。

 

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。全国に協業体制を持つ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。

 

一般的に大手の会社というのは、調査にあたるスタッフの教育やステップアップにも意欲的で、そうしたところが調査報告書に大きく影響してくるのではないでしょうか。

 

 

 

当事者としては悪気はなくても、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかでも変わるでしょう。しかし、家庭が滅茶苦茶になったり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。

 

本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら金銭的にも社会的にも代償を支払い、償いの生活を送る羽目になるのです。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。そんな身勝手な行動をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。相手の浮気を裏付ける方法というとやはり一番にあげられるのは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。

 

いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。

 

 

とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。

 

ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、どの地域なのかを中心に、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

 

 

さらにクチコミや規模などで選定し、相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、依頼したい旨を伝えてみましょう。

 

 

 

現場の人と話をしてみないことには、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないです。
電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

 

 

 

子供のいる親が離婚する時は、浮気していた側は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。

 

親権というのは原則的に、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性などを考慮します。つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。

 

勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇することは無理でしょう。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、社内の秩序や風紀をみだす畏れという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

 

 

 

せいぜい上司から注意される程度で、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、一から浮気の証拠を得るのですから時間も費用もかかってしまいます。生活を共にしていればわかることだって少なくないでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのが良いと思います。あきれた話なんですが、夫の浮気はまるで病気みたいです。まさかこんなに出てくるとは。
私と結婚する前から、相手も複数。

 

常習だったんですね。

 

 

そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、何度も浮気するのって、妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。

 

許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。
不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。

 

ただ、気持ちが鎮まったら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。だいたい不倫行為は、やってしまった人間が「有責」なのです。
精神的にはまだまだ埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を要求するのは当然のことです。

 

 

 

ふつうの金銭感覚でいうと、探偵を使って浮気調査をする際の費用はリーズナブルとは言えないでしょう。

 

とはいえ、価格重視で選んでも浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。

 

最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、相応の調査能力があるかというと、判断に迷うところです。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう始末の悪いもののようです。浮気現場を押さえられて、反省の態度は見せるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。
胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵業者の力を借りて、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、懲らしめてやるといいでしょう。

 

不倫していると受け応えでも見抜くことができます。真正面からスパッと訊いてみましょう。

 

 

大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。だから質問は簡単なほうが良いのです。また、簡単な返事で済むところを、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は分かります。

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も要すると思います。
その上、突発的な事態に対し、即座に判断して行動する応用力も必要です。

 

不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのは言うまでもありません。

 

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、取り立てて特殊な資格等は求められません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて届出書を公安委員会に提出したあと、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可を受けることが不可欠です。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。

 

最近は興信所も探偵も、取り扱い業務はほぼ同一です。

 

 

 

相手方の不倫を理由に離婚するなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠がどうしても必要です。裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。

 

また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も重宝するはずです。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的な関係を持っていることを言います。こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに代償として慰謝料を請求することが可能です。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇ってパートナーの不倫の証拠を握った上、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。